TOP » セミナーのご案内

セミナーのご案内

コサカでは歯科医院の先生方を対象とした、歯科学術研修会を25年以上にわたり毎月定期開催をしております。
これらの貢献により、金融機関団体取引先企業60,000社の中から名誉ある「日本経済新聞社賞」を受賞することができました。
毎月様々なテーマを取り上げたセミナーには、延べ12,000名の先生方にご参加いただいております。

(日本歯科医師会生涯研修事業認定研修会)

2020年度コサカ学術研修会・開催日程表 (日本歯科医師会・生涯研究認定研修会一部除く)

詳細 [4月23日] 書家 金澤泰子さんによる春の特別講演会

  • お申し込み
講師:書家 金澤 泰子
     
日時:2020年4月23日(木) PM6:00~PM8:00
会場:株式会社コサカ・3F研修室
受講料:
定員:40名様


「ダウン症の娘と共に生きて」
ダウン症として生を受けた娘と、数々の困難を乗り越えながら、「希望」を探し続けた
親子の軌跡をお話ししていただきます。

詳細 [5月14日] 中川勝洋先生の2020年、歯科保険指導研修会

  • お申し込み
講師:中川 勝洋 先生
    東京都歯科保険医協会理事(前会長)
    さくらだ歯科医院 副院長

日時:2020年5月14日(木) PM7:00~PM9:00
会場:株式会社コサカ・3F研修室
受講料:¥5,500(税込)
定員:40名様

テーマ
2020年度・歯科保険指導研修会
人生100年時代の「全世代型社会保障制度」を構築する為として10月に消費税は10%に引き上げられた。
社会保障の充実に2兆円程度が投入されるとのアナウンスメントだったが、診療報酬の改定の段になると
マイナス改定が財務省より声高に叫ばれたが診療報酬はプラス0,55%、薬価マイナス1%で実質マイナス
0.45%で落ち着いた。
中医協での論議は各世代別の論点が取り上げられ、歯科は形態回復より重症化予防並びに口腔機能の長期的
な維持管理への評価としての歯管やSPT等の取り扱い・医科歯科連携を推進するための評価としての外来環・
周術期等の見直しが論議された。支払い側からは歯管の算定に対して厳しい意見がだされ、初診の定義付けに
繋がる問題となった。
12月の段階では具体的な内容は定かではないが、2年前の改定を補足する内容となり、歯科診療所の差別化が
進行する恐れが多い。

詳細 [5月28日] 菊谷武先生の2020年度セミナー

  • お申し込み
講師:菊谷 武 先生
   日本歯科大学 教授
   口腔リハビリテーション多摩クリニック 院長          
日時:2020年5月28日(木) PM7:00~PM9:00
会場:株式会社コサカ・3F研修室
受講料:DR.¥8,800(税込)
     DH.¥5,500(税込)
定員:40名様

テーマ
「口腔機能低下症は歯科になにをもたらすのか?
 -運動障害性咀嚼障害の診断と対応― 
 8020運動も功を奏し、高齢者の現在歯数は増加を示し達成者は5割を超えた。しかし、依然咀嚼機能を
低下した者の数は増え続けている。その増加は人口の高齢化に伴う身体機能低下、認知機能低下を有する
者の増加と無縁ではない。咀嚼機能は、咬合支持の存在だけでなく、口腔の運動機能にも大きな影響を受
ける。舌の筋力は加齢により低下する。さらに、舌の運動制御にも乱れを生じる。これまで、これらが関
与する咀嚼障害いわば、運動障害性咀嚼障害の診断をすることなく、高齢者に見られるすべての咀嚼障害
を咬合改善のみで対応しようとしてきたのがこれまでの歯科医療であった。今般、保険導入に至った口腔
機能低下症の診断ツールである舌圧は筋力の低下を診断し、ディアドコキネシスは運動制御系の乱れを診
断する。そして、口腔機能低下による生活の質の低下をも評価の一部に取り入れている。これにより、高
齢者の訴える咀嚼障害の原因を明らかにすることが可能となり、生活機能への影響も明らかになった。こ
れは、正しい診療方針を提示し、必要な治療目標を設定できることになる。本講演では、高齢者歯科医療
に欠かせない運動障害性咀嚼障害への対応を紹介する。

詳細 [6月27日] 牛窪敏博先生のエンド特別講演会

  • お申し込み
講師:牛窪 敏博 先生
    1988年 朝日大学歯学部卒業
    1992年 うしくぼ歯科開業
    2001年 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 歯髄生物学教室専攻生修了
    2008年 ヘ゜ンシルハ゛ニア大学歯内療法学教室インターナショナルフ゜ロク゛ラム
           エント゛ト゛ンティックレシ゛テ゛ント卒業
    2011年 東京歯科大学歯内療法学講座専攻生修了
    大阪市にて歯内療法専門医院開設

    日本歯内療法学会指導医、AAE会員、
    ペンエンドスタディークラブインジャパン講師
    藤本研修会エンドコースインストラクター
    東京歯科大学歯内療法学講座非常勤講師


日時:2020年6月27日(土) PM3:00~PM6:00
会場:株式会社コサカ・3F研修室
受講料:
定員:50名様


テーマ
「抜髄根管・感染根管における根管形成と根管充填の現在の考え方とその実践?」
2000年以降のこの約20年間でさらにエンドの分野は進化を遂げ、根管形成と充填の手技には変化が起こって
参りました。もちろん以前と変わらず守り続けないといけない部分もありますが、実際の臨床ではその部分を超え
る勢いで変わりつつあります。本講演ではその変革に伴った現在のエンドを、臨床を通して解説させて頂きたいと
考えております。何が変化し何が変化せずに現在も守るべき点かを明確にし、ご参加頂いた歯科医師の先生方の日
常臨床のお役に立てれば幸いです。

詳細 [10月29日] 櫻井善明先生と林智恵子先生のマイクロ特別セミナー

  • お申し込み
講師:櫻井 善明 先生
        ネクスト・テ゛ンタル院長
        日本顕微鏡歯科学会認定指導医
      日本歯科放射線学会 歯科エックス線優良医
      日本歯科先端技術研究所 インプラントフェロー
        顕微鏡歯科ネットワークジャパンv-Super Dentist

     林 智恵子 先生
      ネクスト・テ゛ンタル歯科衛生士
      日本顕微鏡歯科学会 認定歯科衛生士
      日本歯科審美学会 ホワイトニングコーディネーター
      ドライマウス研究会 会員
      TCH研究会 会員

日時:2020年10月29日(木) PM7:00~PM9:00
会場:株式会社コサカ・3F研修室
受講料:
定員:40名様

テーマ
「マイクロスコープで何が見える? 何が変わる?」
近年「これからの歯科医療を変える三種の神器」として「CAD/CAM」「CT」「マイクロスコープ」と言われるよう
になり、マイクロスコープを導入する医院が増えてきました。「マイクロスコープで何が見えるの?」「マイクロ
があるとどうなるの?」「ルーペと何が違うの?」など、様々な疑問にお答えしたいと思います。

ページの先頭へ

Copyright © KOSAKA Dental Supply Co.,Ltd. All rights reserved.

contents menu